アーユルヴェーダ&体質改善エステ  アユレ 

【ワークショップ】5月16日(月)簡単に誰でも出来る!セルフお股ケア&女性性論

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルlifeセラピスト かおり
アーユルライフセラピスト

Namaste!アーユルlifeガイドのかおりです。

【ワークショップ】5月16日(月)簡単に誰でも出来る!セルフお股ケア&女性性論のご案内です。

3年程前に私が受講して目から鱗が落ちたワークショップを

5月に講師の先生をお招きしアユレで開催する事になりました。

簡単に誰でも出来るセルフ股ケア
(骨盤外部と会陰部周辺のケア方法)と女性性論の講座

①女性性論
男と女の関係は善悪の彼岸にある
女性として愛されるとは?
女性性の魅力とは?
女の魅力はどこから発現するのか?
醸し出さる女の魅力

②実践・婦科系周辺の浄化法(セルフケア法)
頭、首、眼、鎖骨、脇、足、骨盤のマッサージ法
性器周辺のマッサージ法
ヨニ(膣)セルフマッサージ

③ヴァジーカラナ(強精法)・ヴァジーカラナ用のハーブ製剤のお話

婦人科系のセルフケアをするメリット

・尿漏れ

・生理が変わってくる

・血流が良くなる

・骨盤系が整う

・おひし(お股)を整えると宇宙と繋がるので運氣がUPする(特に男性運?)

等々・・・・沢山あります。

婦人科系のセルフケアってとっても重要!

皆さんは婦人科ケアをご自身でされた事ありますか?

わたしは妊娠中にネットで海外(欧米)の薄っぺらなのに高い本を買い、オイルも買って自分でセルフケアをした経験があります。不妊治療&高齢出産だったので安産を願って必死でした。

今から10年以上前の話ですが当時は婦人科セルフケアの情報がとても少なかったと記憶しています。

よもぎ蒸し婦人科系のセルフケアを妊娠前から知っていたらもっと早く子どもを授かっていたかもと思っています。

ご案内しているワークショップは年齢に関わらず全ての女性に関係するケアです。

体の中心にお宮を持っている

子宮は字のごとく「子どものお宮」と書きますが日本語の中には隠語として色々な秘密が隠されています。

子宮が神社だとするとそこに行くつく為に参道があるのです。参道=産道です。赤ちゃんは子宮から産道(参道)を通って最後は鳥居をくぐってこの世に誕生します。丁度、この鳥居の部分に当たるのがお股の周辺として考えます。この大切な神社の入り口である鳥居の部分をケアして行くのが婦人科系のセルフケアです。

女性はご自身の中に神聖な神社をそれぞれに持っています。自分の女性性もっと愛してケアして行きましょう!

アユレのよもぎ蒸しプレゼント

今回こちらのワークショップにご参加の方にアユレで人氣のよもぎ蒸しチケット1回分を(3か月間有効・当日も可能)プレゼントします!


日時:2022年5月16日(月)14時~16時

場所:福岡市西区姪浜駅より徒歩3分 アユレ

定員:3名

受講料:15,000円(よもぎ蒸しチケット付き)


《講師のご紹介》

今回も関東よりお二人の先生に来て頂き開催します。

(敬称略)


講師:工藤 貴文

・外資系ヘアケアメーカーやエステサロン向けの教育に従事
・たかの友梨ビューティクリニック事業開発促進部
・他、化粧品、健康食品メーカーのコンサルティング

・南インド・ケララ州コヴァラムでクリニックを運営
・現在まで約 20 年で日本、欧米に約 400 人のセラピストを育成
・専門はアーユルヴェーダ&仏教医学、哲学カウンセリング


講師:梶原千津子 

・精神保健福祉士として発達障害、精神疾患を持つ人の支援活動
・精神科クリニックで発達障害の人達を対象に自尊感情を高めるための演劇療法
・親子のための演劇ワーク(児童養護施設、高齢者施設、障害者支援施設などで)
・Kerala Traditional Ayurveda Reserch Institute JAPAN 講師
・Ayurveda TANTRA セラピスト
・精神保健福祉士(国家資格)
・レイキマスター・演劇療法士(元・女優) ・タイ古式マッサージ
・股ケアトレーナー ・健康体操インストラクター


ご予約やお問い合わせはメール ayure.me@gmail.comまたは

各SNSよりメッセージをお願いいたします。

わたし自身がとても楽しみにしているワークショップです。

貴重な機会ですので是非ご参加ください!

アユレホームページ: http://ayure.xyz/

 

Comments

comments

この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルlifeセラピスト かおり
アーユルライフセラピスト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ