アーユルヴェーダ&体質改善エステ  アユレ 

乾燥肌の方のコスメの選び方 (お悩みの中に答えがある!?) 

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルライフセラピスト

こんにちは。姪浜アユレのかおりです。ゴールデンウイークも残すところ後1日ですね。皆さん楽しく過ごせましたか?令和に入ってからの初ブログは天神で途中まで書きました。今日は子ども日のダンスイベントで一日中、福岡市民会館にいました。そして夜のスタバで続きを。

ゴールデンウイーク中にわたしの沖縄クチャコスメのブログを読んで頂いたお客様がご来店され(嬉しすぎます💓)じっくりとお話させて頂きました。その方のお話を伺うと昨年の秋頃からこれまでなかった乾燥にお悩みとのことでした。アーユルヴェーダやコスメにもとても詳しい方でしたよ。

お話を伺う中で下記の3つの点が氣になったので書きたいと思います。

(1)化粧水を使わないという選択はいかに!?  

最近、他にも化粧水を使わないお手入れ方法をされているお客様がみえる機会があったのですが、その方もその方法を実践していました。

洗顔後、化粧水を抜かして最初に、乳液やクリーム、オイル等を塗るそうです。肌質は十人十色なのでそれが合っている方は良いのですが、乾燥しやすいタイプの方(アーユルヴェーダのヴァータタイプの方)には向いていない様に思います。わたしもヴァータが強いので必ずお手入れの最初に化粧水そして乳液かオールインワンゲル、乾燥が氣になる時にはその両方を使用します。

お手入れ方法がその方に合っているかは季節やその時のお肌の状態によって異なります。つまり同じ様な肌タイプに見えてもAさんに合ったお手入れ方法がBさんにも合うかどうかは分からないという事です。その後乾燥がお悩みだった方には沖縄コスメのしっとり花水も併せて使って頂き乾燥が落ち着いたとのご連絡がありました。次回はフェイシャルのお手入れもご予約を頂きました。

イマイチお肌の状態がよくない方はコスメと同時にお手入れ方法も一度見直される事をオススメします!               

(2)洗顔時の落としすぎには要注意!

これは前の章(1)に続く内容なのですが、乾燥肌の方が一般的なコスメの洗顔方法でお手入れされていると落としすぎという問題が出てきます。日本のコスメであれば洗浄力は十分あるので使い方を見直される事も乾燥対策の一つです。例えばわたしは夜、普段メイクオフはジェルのみを使用します。アイメイク が落ちにくい時だけオイル(ポイントメイクリムーバー)を使用します。その後の泡洗顔は殆どしません。毛穴の汚れが氣になる時や夏場の皮脂が出やすい時のみ行います。朝はぬるま湯だけです。それで汚れが取れてるの〜?と思われるかも知れませんが正直肌トラブル知らずです。毎日、朝晩に洗浄力の強い洗顔料でサッパリ落とし過ぎるとお肌に必要な成分まで落としてしまう場合もありますよ。勿論、これも肌質・個人差があります。脂性肌(オイリー)になりがちの方には朝・晩の泡洗顔でしっかり落とせるパパイン酵素の泡洗顔をオススメしています。毛穴が詰まりやすい方は毛穴の汚れはしっかり落とし、保湿はしっかりが理想です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(3)海外の化粧品やコスメジプシーの方

アユレにご来店頂くお客様には必ず現在お使いのお化粧品を伺っています。

お肌の把握やフェイシャルの際にアレルギーなどを避ける目的が勿論ありますが、コスメのお話がただ楽しいという個人的な趣味もあります。フェイシャルにご興味のある方はお化粧品、本当に詳しいですし、聞いた事の無いコスメや海外でご購入されたコスメも沢山出てきます。でも、ひと月に一番コスメにお金をかける方のお肌が一番綺麗かと言うとそうではないんですね〜!!ここまでお伝えした通り1番は使用方法も含めてご自分のお肌に合っているかだと思いますよ。

あとはお化粧品をライン使いせず、バラバラに各メーカーのコスメをお使いの方。もったいないと思います。色々使い過ぎて肌荒れの原因になる事も‥‥。化粧品メーカーはラインで考えて製造しているので同じもので合わせた方が相乗効果で結果も出やすいと思いますよ〜。

最後に海外でご自身やお土産で買われたお化粧品の場合。必ずしも日本人の肌や日本の気候に合っているとは限りません。わたしもセブ島で現地のお姉さまから勧められるがままに大量にコスメを購入しましたがやっぱり日本のコスメが自分に合ってるのではと思います。現地購入だとリピート買いが難しい場合もありますしね〜!英語の説明文も正直、読みたくないです。

皆さんもご自身に合ったコスメで紫外線の強い季節を乗り切りましょうね!

沖縄クチャキャンペーン(5/31まで)

今回はコスメのお話を書きました。

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

Comments

comments

この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルライフセラピスト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ