アーユルヴェーダ&体質改善エステ  アユレ 

【終了:VedicHealers】フリーセミナー6月14日Child care in Ayurveda:アーユルヴェーダで健康で賢い子どもを育てる方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルlifeセラピスト かおり
アーユルライフセラピスト

Namaste!アーユルlifeガイドのかおりです。

Vedic Healers主催の【オンラインフリーセミナー(2021Part.5)6月14日(月)】のご案内です。

今回のテーマはChild care in Ayurveda:アーユルヴェーダで健康で賢い子どもを育てる方法

日時2021年 6月14日(月)

日本時間1400分から40分(20分程度の延長あり)の予定

Date &Time10th May 2021Mon

Start:10:30 Indian Time40min)extend 20 min

ZOOMを使用しZOOM IDとパスワードは下記

Meeting ID: 928 230 9984
Passcode: vedic

AMDA国際インド支部AMDA-INDIAをサポートするために無料で参加できます。

アーユルヴェーダや子育てについてもっと知りたい方はこの機会に、ぜひご参加ください。

また、ご質問や開催してほしいトピックなども募集します。

《6月14日(月)セミナーの主な内容》

Child care in Ayurveda:アーユルヴェーダで健康で賢い子どもを育てる方法

今回は子育てに関わる方に是非ご参加頂きたい内容となっています。

セミナーのメインは下記の内容です。

●子育ての基本コンセプト-妊娠と小児科。出産前の準備を含みます。子宮で健康な子どもを育てるために。妊婦さんのケア。健康的で賢い赤ちゃんの為のケア。
妊娠と出産前のケア。

●ギーは子供たちの健康を増進する重要な成分です。子供のために処方されたアーユルヴェーダ薬のほとんどはギーが含まれています。子供の食事にはギーを使用しましょう。

●子どものためのアーユルヴェーダの朝のルーティン
彼らの成長と共に、一緒にdincharya(ディナチャリア・朝のルーティン)を実践してみてください。

●Core Concept child care – pregnancy and paediatrics. Including Prenatal preparation. Healthy child growing in womb. Pregnant women care. Healthy and intelligent baby care.
Pregnancy and prenatal care.

●Ghee is an important ingredient that boosts the health of the children. Most of the ayurvedic medicine prescribed for children is mixed with ghee. Don’t miss ghee in your child meal.

●Ayurvedic morning routine for children
Try to follow dincharya with them as they grow.

予約は不要ですので、どうぞお氣軽にご参加ください!

教えてくださる先生はインドでVedic Healers を主催されているDr.Meenakshiです。

ミナクシ先生ご自身もお2人のお子さんを育てつつ、世界中を飛び回られているエネルギッシュですが芯のある穏やかな雰囲氣の女性の先生です。

医療のボランティア活動や環境への取り組みなども熱心にされています。

本セミナーは基本的に英語で行われますがご希望がありましたらチャットボックスなどで日本語でのサポートも可能です。

ミナクシ先生の言葉を英語と日本語で転記します。

”English will be the language but I am sure I will be able to help you with japanese words and we can go slow. If Some of other japanese students join Then it will be more easy as I give time to discuss.”

ナマステ! 皆さまが心身ともに健やかであります事をお慶び申し上げます。わたしは長い間、毎年5月か9月には日本を訪れていました。
しかしながら、今年は困難な感染症拡大の為、訪問が叶いませんでした。
どうか、一緒に学び成長することを続けていこうではありませんか!
わたしは日本語での補助も付けながら、週に3~4回、重要なテーマについてのアーユルヴェーダクラスを始めます。
全ての授業はオンラインで受講可能で健康、人文科学、精神性などについて学びを深め成長して行く事が出来ます。
皆さまにオンラインのセミナーで直ぐにお会いできますことを楽しみにしております。

●本セミナーについてのご意見やご質問などはミナクシ先生に直接でもアユレを通されても構いません。

Dr.Meenakshi:ayurzone@gmail.com

アユレ: ayure.me@gmail.com

Vedic Healersについては下記をご覧ください。

Vedic Healers
下記、当日クラスで使用したノートです

Child care in Ayurveda
Kaumarbhritya

アーユルヴェーダの育児
コマール ブリテヤ(発音は聞こえたままにしました)


Core Concept child care – pregnancy and paediatrics. Including Prenatal preparation. Healthy child growing in womb.

チャイルドケアの主なコンセプト-妊娠と小児科。出生前の準備を含みます。子宮の中で成長している健康な子供。

Pregnant women care. Healthy and intelligent baby care.

妊娠中の女性のケア。健康的で賢いベビーの為のケア。

Pregnancy and prenatal care

妊娠と出産前のケア

• Healthy food and life style

•健康的な食事とライフスタイル


• Herbs and diet to improve quality of egg and sperm.

•卵子と精子の質を改善するためのハーブと食事。


• Taking care os stress and staying calm before conception.

•受胎前にストレスに気を配り、落ち着いてください。

• Pregnant mother should stay cool and composed

•妊娠中の母親は冷静で落ち着きを保つ必要があります

• Avoid negative thoughts, anger, fear, jealous, hatredness, etc

•否定的な考え、怒り、恐れ、嫉妬、憎しみなどを避けます
• Don’t involve in doing violent activities

•暴力的な活動に関与しないでください

• Don’t suppress the natural urges

•自然な衝動を抑えないでください
• Avoid staying in the hot sun for a long time

•暑い太陽の下に長時間滞在することは避けてください


• Ghee rice milk products are very good to eat during pregnancy.

•ギーライスミルク製品は妊娠中に食べるのにとても良いです。

サトヴィックな食べ物です


• Avoid too much raw food, cold products, market made products, meats,

•生の食品、冷たい製品、市場で作られた製品、肉、

• Taking care of small health issues like vomiting, dryness, constipations edema, anaemia
by herbs and natural ways.

•嘔吐、乾燥、便秘、浮腫、貧血などの小さな健康問題を
ハーブと自然な方法でケアする


Breast feeding – Breast feeding has an important role in raising a healthy baby. Mother shares a bond with the baby through breast feeding. In order to feed love and affection to the baby, the lactating mother should stay happy without any confusion in the mind. Mothers should stay relaxed and should have plenty of rest and sleep to make their child healthy. It is essential to eat nutritious and specific diet prescribed to improve the quality as well quantity of the breast milk. Breast milk has all essential nutrition to make your child healthy and smart. Poppy seeds, dates, shatavari cumin seeds fennel seeds are herbal ingredients for good milk.

母乳育児-母乳育児は健康な赤ちゃんを育てる上で重要な役割を果たします。母親は母乳育児を通じて赤ちゃんと絆を共有します。赤ちゃんに愛情を与えるために、授乳中の母親は心の混乱なしに幸せでいなければなりません。母親はリラックスした状態を保ち、子供を健康にするために十分な休息と睡眠をとる必要があります。母乳の質と量を改善するために処方された栄養価の高い特定の食事を食べることが不可欠です。母乳には、子供を健康で賢くするために必要なすべての栄養素が含まれています。ケシの実、デーツ、シャタバリ、クミンの種子、フェンネルの種子等は、良質のミルクのためのハーブのですです。


Oil Massage
Authentic ayurvedic massage with herbal oils is a primary part of mother and newborn care.
While benefits of massaging the baby has been in the limelight for quite some time recently, 5000 years old Ayurvedic texts has recorded the benefits and importance of oil massage in kids. against infections, stimulates the nerves and soothes the muscles, aids in relaxing the baby, induces blood flow, etc. New mother also heal quite fast for mental and physical exhaustion.

オイルマッサージ
ハーブオイルを使った本格的なアーユルヴェーダマッサージは、母親と新生児のケアの主要な部分です。赤ちゃんをマッサージすることの利点は最近かなり長い間脚光を浴びていますが、5000年前のアーユルヴェーダのテキストは子供たちのオイルマッサージの利点と重要性を記録しています。感染症に対して、神経を刺激し、筋肉を落ち着かせ、赤ちゃんをリラックスさせ、血流を誘発するなど。新しい母親はまた、精神的および肉体的疲労のために非常に速く治癒します。

 

Mental health
Kaumarbhritya lists out a line of ingredients to improve, regulate and balance the psychological and psychosomatic distractions of the children. Using aromatic herbs in the bath water or oil used for massage would soothe the mind and calm the kids. brahmi, Chyavanprash, etc improves mental health, concentration power, memory and make them intelligent.


メンタルヘルス
Kaumarbhrityaは、子供たちの心理的および心身医学的気晴らしを改善、調整、バランスを取るための一連の成分をリストアップしています。マッサージに使用するお風呂の水やオイルに芳香性のハーブを使用すると、心が落ち着き、子供たちを落ち着かせることができます。ブラフミ、オトメアゼナなどは、メンタルヘルス、集中力、記憶力を向上させ、それらをインテリジェントにします。

 

Simple ayurvedic remedies for common health ailments in children:
• Abdominal pain – A pinch of jeera aka cumin powder with salt in warm water
• Common cold – Boil tulsi leaves in warm water and mix with honey, give three
times a day

 

子供の一般的な健康障害に対する簡単なアーユルヴェーダ療法:
•腹痛–ぬるま湯に塩を入れたクミンパウダーとして知られるジーラのピンチ
•風邪–トゥルシーの葉をぬるま湯で沸騰させ、蜂蜜と混ぜて3つ与える
1日に1回

• Common cold, cough – a few pieces of ginger, honey and lemon juice mixed with warm water
• Constipation – Soak raisins aka dry grapes in warm water over night and feed the water
• Diarrhea – Pomegranate juice
• Fever – Dhaniya and Kirattikta mix inboiled water and give frequently
• Throat infection – Gargle salt water, honey, warm milk with turmeric and honey
Ghee is an important ingredient that boosts the health of the children. Most of the ayurvedic medicine prescribed for children is mixed with ghee. Don’t miss ghee in your child meal
Ayurveda Tips for Children Maintain a daily routine
Children need routine and rhythm for healthy development. Ayurveda and Western medicine absolutely agree on this because without a regular routine, children have difficulties handling the flood of stimuli in their lives. Common consequences are restlessness, hyperactivity and anxiety. The children can’t find balance. From the point of view of Ayurveda, this is an expression of too much Vata. An ayurvedic approach to establishing a daily routine, one that creates balance, can help restore order among the doshas or maintain dosha balance in the first place.
Start the day with water
Anyone who drinks a glass of water on an empty stomach first thing in the morning has already done a lot for themselves. From an ayurvedic point of view, drinking water helps with inner cleansing and stimulates morning bowel movements. In the case of children, you can apply this recommendation starting at age one.
use water that has boiled for 10 minutes and then cooled to room temperature. You can also keep the boiled water in a thermos and let it cool down to the desired temperature if required. For children who are used to drinking fruit juice and are not ready to drink still water, you can slowly reduce the ratio of juice. In any case, children under 4 years of age should drink as little fruit juice as possible. It helps protect their teeth. Still water is an ideal daily thirst quencher for children. Fruit juices should be reserved for special occasions. You as a parent or other close adult can, of course, improve a child’s acceptance of water by drinking it yourself.

•一般的な風邪、咳–生姜、蜂蜜、レモンジュースを数枚お湯と混ぜます
•便秘–レーズン(別名ドライグレープ)を温水に一晩浸し、水を与えます
•下痢–ザクロジュース
•発熱– DhaniyaとKirattiktaは沸騰したお湯を混ぜて、頻繁に与えます
•喉の感染症–うがい塩水、蜂蜜、ターメリックと蜂蜜入りの温かいミルク
ギーは子供たちの健康を高める重要な成分です。子供のために処方されたアーユルヴェーダ薬のほとんどはギーと混合されています。子供の食事でギーをお見逃しなく
子供のためのアーユルヴェーダのヒント日常生活を維持する
子供たちは健康な発達のためにルーチンとリズムを必要とします。アーユルヴェーダと西洋医学はこれに絶対に同意します。なぜなら、定期的なルーチンがなければ、子供たちは人生の刺激の洪水に対処するのが難しいからです。一般的な結果は、落ち着きのなさ、多動性および不安です。子供たちはバランスを見つけることができません。アーユルヴェーダの観点からは、これはヴァータが多すぎるという表現です。バランスを作り出す日常生活を確立するためのアーユルヴェーダのアプローチは、ドーシャ間の秩序を回復したり、そもそもドーシャのバランスを維持したりするのに役立ちます。
水で一日を始める
朝一番に空腹時にコップ一杯の水を飲む人は、すでに自分たちのためにたくさんのことをしました。アーユルヴェーダの観点から、飲料水は内部の浄化を助け、朝の排便を刺激します。子供の場合は、1歳からこの推奨事項を適用できます。
10分間沸騰させてから室温まで冷やした水を使用してください。沸騰したお湯を魔法瓶に入れて、必要に応じて希望の温度まで冷やすこともできます。フルーツジュースを飲むことに慣れていて、まだ水を飲む準備ができていない子供たちのために、あなたはゆっくりとジュースの比率を減らすことができます。いずれにせよ、4歳未満の子供はできるだけフルーツジュースを飲むべきではありません。それは彼らの歯を保護するのに役立ちます。静水は子供にとって理想的な毎日の喉の渇きを癒します。フルーツジュースは特別な日のために予約する必要があります。もちろん、親または他の親しい大人としてのあなたは、自分で水を飲むことによって、子供の水に対する受容性を向上させることができます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

【VedicHealersフリーセミナー4月12日】Stress control:ストレスとの上手な付き合い方

【VedicHealersフリーセミナー3月8日】Ritucharya in Spring季節の過ごし方 :Allergy form pollens花粉症と向き合おう

【EIGFT PARTS OF YOGA /ASHTANG YOGA】

 

 

 

Comments

comments

この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルlifeセラピスト かおり
アーユルライフセラピスト

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ