アーユルヴェーダ&体質改善エステ  アユレ 

【アーユルStudy】ダイエット中の方へ:食欲を抑える事は可能なのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルlifeセラピスト かおり
アーユルライフセラピスト

こんにちは☺アーユルlifeセラピストのかおりです。

今日はダイエット中の方は必見のお話です。

木曜日、ミナクシ先生のアーユルヴェーダクラスがあったのですが、

アーユルヴェーダ的に食欲をコントロールするお話が出ましたので

シェアしたいと思います。

私たちは簡単に食べ物を手に入れる事が出来て、好きな時な好きなだけ

食べる事も出来ます。ただ食欲に任せて食事をしていたら肥満の原因になるだけでなく病氣になってしまうでしょう。

大切なのは【意識して食べる事】です。

食べ物を渇望するのは止めて意識して食欲をコントロールして理想の体重やバランスの取れた体型を手に入れていきましょう!

【呼吸しながらする瞑想の活用】

食べ物を渇望するの事をコントロールするのは技術です。

自分の呼吸を認識し、あなた自身を整えてください。

1.一人で静かな時間を確保します静かに座ることから始め、両手を軽く両脇に置くかまたは膝の上に置きます目を閉じて

2軽く簡単に呼吸を開始し、注意を向けますあなたの呼吸に従ってください。息が流れ込むのを感じてくださいあなたの肺。深く吸い込んだり、止めたりする必要はありません呼吸は意識を持って、普通に呼吸するだけです

3息を吐くときは、空気を追いかけて注意を向けましょうあなたの肺と鼻孔を通してそっと

4注意を払いながら、ゆっくりと簡単に呼吸しましょう次に、呼吸を少し軽くします 強制はしないでください

5思考とイメージは引き続き渦巻く様に現れますがそれらに注意を払わないでくださいただ辛抱強く呼吸を続けます6このリラックスした呼吸を約5分間続けます。目を閉じてあなたの呼吸に簡単に集中できるでしょう

あなたの食欲をあなた自身に聞きますあなたの体はそのニーズを満たすためにあなたの心にメッセージを送ります体が送る最も重要な信号の1つは空腹の信号です

過剰な減量に苦労している多くの人々は自分の食欲を敵として見ています自分の発しているメッセージに耳を傾け尊重してあげる事は健康的な栄養計画の上で最も重要な事です【健康的な食べ方のルールは簡単!】

空腹な時に食べる満足したらやめます


例えば食欲を空(レベル0)から満杯(レベル10)まであるとします

あなたがご自身のことを考えるなら本当にお腹が空いたときに食べることをお勧めします(レベル2から3


そしてお腹が適度にいっぱいになったら食べるのを止めますが

お腹の中は(レベル6から7)です。お腹を満腹にしないことで、消化力が最も良く働くのです

例えば洗濯機に詰め込みすぎて洗濯機を回すと服は完全にはにきれいになりません同様にお腹いっぱい食べるとあなたの食べ物は完全に消化されません

多くの人は体が食べ物を求めているから食べるのではなく、食べる時間だから食べます

通常ガソリンタンクが未だ半分いっぱいだったなら、まだ給油はしないでしょう


しかし多くの人が前の食事からまだいっぱいお腹に残っているにも関わらず食事をします

あなたの体に耳を傾けることをスタートしましょう!

その知恵は宇宙の知恵をも反映していますこれからの、2週間はレベル2の空腹時にのみ食べ始めてみてくださいこれは、通常以外の時間帯に食事をすることを意味する場合がありますまたは長期間食べない事もあり得ます

プロセス全体快適さに基づいている必要があります

いつもレベル8に達する前で食べるのをやめなさい


練習すれば、自分の満足感のレベルを特定できるようになります

あなたの体の内側のシグナルに氣づくでしょう

2週間後に生物として体内の時計が調整され、毎日ほぼ同じ時刻に食事を始められるでしょう


【どうしても食欲が抑えられない時】

瞑想をしても、まだ食べたい時はお白湯かハーブティを口にすすりましょう!!何度か飲んで5分待ちます そしてご自身の空腹シグナルがやって来るかを待ちましょう。

もしやってこなければ、その食欲は体が本当に発信しているものではなく、ストレスや心に隙間があり、それを食欲で満たそうとしていると考えられます。

心に空洞があると人間はものを食べる事で埋めようとするそうです。赤ちゃんを泣き止ませる一番の方法は授乳する事です口さみしい赤ちゃんは授乳すればお腹が空いていなくても満足して泣き止みます。

大人も同じで口さみしいとついつい何かを口に運びたくなりますね。わたしはお白湯やハーブティを飲む方法で、つい癖になっていたおやつが止まりました。

ちなみにアロマではグレープフルーツの香りが食欲を抑え、逆にオレンジは食欲が出ると言われています。

是非、試してみてくださいね!!

Let's ダイエット!


以下引用させて頂いたミナクシ先生の参考テキストです

Mind-Body Tools for Conscious EatingIn addition to eating a dosha-balancing diet and including the six tastes in every meal, there are many other practices and tools we can use to increase our enjoyment of food, stop cravings, and arrive at our own ideal weight and balance. Here are a few of the practices we share with guests at the Chopra Center.Breathing Awareness MeditationThe Breathing Awareness Meditation is an extremely effective technique for dealing with emotionally based-cravings and binges. Through awareness of your breath and regulating your breathing pattern, you can strongly influence your state of 

mind. When you feel the craving for a particular food, try this guided meditation. Afterwards you may find that your craving has dissipated.1Reserve some quiet time alone. Begin by sitting quietly, holding your hands lightly at your sides or in your lap. Close your eyes.2Start to breathe lightly and easily, letting your attention follow your breathing. Feel the breath flowing down into your lungs. There’s no need to inhale deeply or hold your breath; just breathe normally, with awareness.3When you exhale, let your attention follow the air up out of your lungs and softly through the nostrils.4Let your breath move gently and easily, with your attention following. Then make your breathing a little lighter. Don’t force any of this.5Thoughts and images will continue to appear and swirl through your mind. Don’t pay attention to them; just patiently keep coming back to your breath.6Continue this relaxed breathing for about five minutes, with your eyes closed and your mind focused on the easy, natural flow of your breath.Listen to Your AppetiteYour body sends messages to your mind to meet its needs. One of the most important signals the body sends is that of hunger. Although many people who have struggled to keep excessive pounds off view their appetite as an adversary, listening to and honoring its message is one of the most important aspects of a healthy nutritional plan. 


The rule is simple: Eat when you are hungry and stop when you are satisfied. If you think of your appetite as a gauge ranging from empty (0) to full (10), our recommendation is to eat when you are really hungry (at a level 2 to 3) and stop when you are comfortably full but notstuffed (6 to 7). By not filling your stomach to capacity, you allow your digestive power to work at an optimal level. Just as your clothes do not get fully cleaned if you overstuff your washing machine, your food will not be fully digested if you overstuff your stomach.Many people eat because it is time to eat, not because their bodies are asking for food. You usually wouldn’t fill up your gas tank if it was still half full but many people eat, even when they are still full from the previous meal. Start listening to your body. Its wisdom mirrors the wisdom of the cosmos. For the next two weeks, start eating only when your hunger is at level 2. This may mean eating meals at unusual times of day or not eating for prolonged periods of time. The entire process should be based on comfort. Always stop eating before you reach level 8. With practice, you’ll be able to identify your level of satisfaction at any given moment and you will become aware of your body’s inner signals. You will likely find your biological clock adjusts after two weeks, and you will begin to eat meals at around the same time every day.

Comments

comments

この記事を書いている人 - WRITER -
アーユルlifeセラピスト かおり
アーユルライフセラピスト

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ